振動グラファイト–等型特殊グラファイト材料

  • 高温抵抗および耐食性。
  • 自己潤滑特性。
  • 高い純度と高い電気伝導率。
  • 低い灰の内容および高い機械強さ。
Vibrated graphite blocks and their manufacturing process
説明

振動グラファイト 中程度の粒度の均一な構造を持っています。 また、灰分が少なく、機械的強度が向上し、電気的および熱的安定性が良好であるため、非常に人気があり、大規模なワークピースの処理に広く使用されています。 また、樹脂含浸または抗酸化処理後にさらに強化することもできます。

これは、太陽光発電業界におけるポリシリコンおよび単結晶シリコン炉の製造における加熱および絶縁要素として広く使用されています。 また、加熱フード、熱交換器コンポーネント、るつぼの溶融および鋳造、電解プロセスで使用されるnノードの構築、および溶融および合金化用のるつぼの製造にも広く使用されています。

仕様
表1: 振動グラファイトの仕様
モデル 密度 (G/cm3) 粒子サイズ (mm) 特定の抵抗 (μΩ.m) 多孔 ショア硬度 圧縮強さ (MPa) Flexuralの強さ (MPa) CTE (×10-6 °C-1) アプリケーション
MC-0 (突き出される) 1.75 0.8/2.0 9 40 18 2.5 熱交換器/ヒーター
MC-1 (突き出される) 1.74 0.8/2.0 9 38 16 2.3 熱交換器/ヒーター
MC-2 (突き出される) 1.70 0.8/2.0 10 29 12 2.3 熱交換器/ヒーター
MC-3 (突き出される) 1.68 0.8/2.0 10 18 8 2.3 熱交換器/ヒーター
注:
  • 1 MPa = 10.2 kgf/cm2; 1重量/容積.k = 0.86 KCal/cm.h.°C
  • これらのプロパティは典型的な値であり、保証されません。
成形テクノロジー

振動したグラファイトを作る原理は、型をペースト状の混合物で満たし、その上に重金属板を置くことです。 次のステップでは、金型を振動させることによって材料を圧縮する。 押出グラファイトと比較して、振動によって形成されるグラファイトはより高い等方性を有する。 グラファイト制品は押出法によって制造される。

The principle of vibrated graphite block